小学校受験における面接や服装について調べまとめました

小学校受験は塾で服装の指導も受けよう

小学校受験シーズンで悩ましいのが当日の服装。小学校受験で塾に通われている方も多いと思いますが、第一印象で大事な服装の指導もしっかり受けて挑みましょう。今回は事前に受験当日の服装マナーをご紹介します。

小学校受験当日に子どもに着せる服装のマナー

受験シーズンに差し掛かると、準備しないといけないのが、受験用の服装。「家にあるものでいいかな」「中古でも」といろいろ考えられるかと思いますが、小学校受験の服装は第一印象を良くするためにも重要ポイントにもなるので、男女別スタイルのご紹介をします。

男の子の場合

ポイントは、「シンプルかつ高級感」。高級感がポイントですが、高級ブランドで固めるのは違和感を与えてしますので、目立ちすぎない「シンプルな無地」を選ぶようにしましょう!

また、男の子の場合は、白いブラウスに紺色もしくは黒のジャケットをはおります。上下とも同色で合わせるようにしましょう。元気に見せるためにも、ズボンはハーフで白の靴下と合わせることで、元気で清潔感のある印象を受けます。

小学校受験当日に子どもに着せる服装のマナー男の子の場合

小学校によっては、当日に面接のみ、もしくは面接と行動観察が同日に行われるケースもあります。そのため行動観察がある場合は、動いたり・汗をかいたりするので、ジャケットの下は、清潔感のあるポロシャツにして、脱いでもイメージを崩さず、動きやすい格好にしましょう。その場合は、ラフになりすぎないように気をつけてください。

行動観察
なわとびや両足とび・平均台等運動を見るためのもの

女の子の場合

ポイントは「愛らしさと清潔感」。一般的に女の子は、ジャンバースカートとブラウスを合わせている方も多いです。ブラウスは、丸襟なものの方が愛らしさを演出出来ます。靴下は、男の子同様に白いもの、靴は紺色か黒のシンプルなものを選びます。

また、女の子で気をつけたいのが、「髪型」。長いようであれば、必ずまとめるようにしましょう!その時には、派手な髪飾りはせずシンプルな黒ゴムにした方がいいかと思います。行動観察と同日の際は、男の子同様ポロシャツにキュロットスタイルがおすすめです。当日はよく動くと思うので、なるだけスカートは控えた方がいいと思います。

小学校受験当日に子どもに着せる服装のマナー女の子の場合

以上が、男の子・女の子別のスタイルですが、これに加え各学校のイメージに合わせてコーディネートにプラスされるのもいいかと思います。例えば、カトリック系の小学校であれば、上品できっちりした服装に、社風が自由度が高いものであれば、少し色味を入れていいかもしれません。このように基本ベースを作った上で、ご志望の小学校に合わせたスタイルづくりをすることによって、より印象をよく出来るかと思います。

保護者が服装で気をつけるべきこととは

受験の主役は、お子様とはいえ、親子面接がない場合でも、付き添いで行く保護者の方は基本的には、「上品な紺色スーツ」が定番となります。また、女性はパンツスーツは基本的NG。着席した時に膝がかくれるぐらいのスカートの長さのスーツで、清楚で上品なスタイルにした方がいい印象を持たれます。また、保護者の方も学校に合わせて雰囲気を変えられてもいいかと思います。

ただし、あくまで主役は子ども。子どもが伸び伸びと受験できるようにしっかりフォローしてあげてくださいね!

首都圏で評判の小学校受験塾ご紹介

理英会

首都圏主要小学校の入試問題をすべて網羅した実践さながらの指導で一人ひとりの受験をサポート。

伸芽会

独自ルートにより収集した小学校別の受験情報をもとに志望校別のきめ細かい対策で合格をフォロー。

こぐま会

具体物を使った授業による事物教育や、考えを言語化させるための対話教育を実践。

ページのトップへ