小学校受験の塾にかかる費用について調べまとめました

小学校受験の塾にかかる費用っていくらかかるの?

小学校受験をお考えの方で塾(お教室)に通わせたいと思っている方もいらっしゃると思います。そんな小学校受験のための塾にかかる金額はどのくらいかかるのでしょうか?今回は塾にかかる費用についてご紹介します。

他の家庭は塾にどのくらい費用をかけてるの?

塾は、多くの方が週2回ほど通われており、またご家庭によってプラスで他の塾(絵画教室や体操教室など)を掛け持ちさせているケースもあるので、個人差はありますが、月約10~15万ほどと言われています。

また、月単位では平均それぐらいですが、小学校受験となると、定期的に開催される「模試(テスト)」やより集中して受験対策するべく、志望校別コースを受講したり、お受験当日の服装や受験費用など、トータルで考えると50~300万、平均でも100万ほどは、念頭においてくださいね。入塾する期間が長ければ長いほど金額も上がってくるので、コストバランスは入塾する前に慎重に検討した方がいいと思います。

では、実際に小学校受験した体験談をご紹介しますので、ぜひ参考にされてみてください。

年少からスタートで4校受験トータル:約300万円

幼稚園年少の冬から幼児教室に通い、教室の授業料、入試直前講習会、模試(13回ほど)を含め月平均25万円ほど。また4校受験したので、それぞれの受験料も合わせて、トータルで年長時は300万円余。

年長からスタートし、ドリルも活用トータル:約50万円

年長の春から自宅でドリル学習を始め、5月から体操教室に、9月下旬~10月まで個人の塾に通いました。費用は、ドリル代、体操教室の授業料、幼児教室、模試、面接用スーツで、トータルで50万円ほど。

年中からスタートし、3つの教室通いトータル:約200万円

幼稚園年中から大手塾に通い、他にリトミック教室と週末の体験教室にも通いました。年長のときにかかった費用は、授業料に模試、面接用スーツでトータルで200万円ほど。

費用はかければかけるほど合格率は上がるの?

小学校受験で塾に通い出すと、「もっと合格率あげたい」「苦手分野を克服したい」とさらにコースを増やされる方もいると思います。また、塾側も「お子さんには〇〇のコースをつけた方がもっと伸びる」など様々なご案内があると思います。

その分新たに講座を増やしたり、さらに別の塾に通うとすると、金額も大きくあがってきますよね。では、そんな風に金額を上げれば合格率があがるかと言うと、そうとは言い切れません。大事なのが、「良いものは高い」が「高いものが良い」は限らないということ。一流の品はその分質がいいため、高いのは妥当だと思います。しかし、例えばニセブランドが正規品と同額ではおかしいですよね。要は、コストパフォーマンスがどれだけあるのかです。

費用はかければかけるほど合格率は上がるの?

塾においては、必要な受講はもちろん受けた方がいいとは思いますが、不必要なものはしっかり見極めて選んだ方がいいと思います。そのためにも、まずは目標(どこの志望校に行きたいのか)・現状(目標に対してどのくらいのスキルであとどのくらいアップしないといけないのか)を保護者の方が理解し、金額をかけるものかけないもので選別するのをおすすめします。

首都圏で評判の小学校受験塾ご紹介

理英会

首都圏主要小学校の入試問題をすべて網羅した実践さながらの指導で一人ひとりの受験をサポート。

伸芽会

独自ルートにより収集した小学校別の受験情報をもとに志望校別のきめ細かい対策で合格をフォロー。

こぐま会

具体物を使った授業による事物教育や、考えを言語化させるための対話教育を実践。

ページのトップへ