小学校受験の面接対策に必要な質問やポイントについて調べまとめました

小学校受験の面接対策に必要な質問やポイントをご紹介

小学校受験を考えている方にとって親子面談や両親面談など面接対策は重要ポイントですよね。そんな面接対策はどのようにした方がいいのか、具体的な面接例などを含めご紹介します。

面接で聞かれること

小学校受験の際の親子面談・両親面談では、保護者の職業や学歴は関係ないと学校側が判断しているため、聞かれることはほとんどありません。

面接官が特に注意している点は、親子面談の際、どういう環境で今まで過ごしてきたかを重点的に見ています

例えば、面接官が受験者(子ども)に「〇〇について保護者に聞いてみて」と投げかけたことに対して、子どもから保護者に聞いて、それを面接官へ伝えることで、親子関係を読み取るようにしています。

面接官から子どもに対しての質問例

様々な質問を投げかけられ、時にはびっくりするような質問もあるかと思いますが、大事なのはハキハキと元気よく自信を持って答えられるように、普段の生活から言葉遣いなど意識していくのが良いですね。

面接官から子どもに対しての質問例
住所や電話番号の質問
好きな本は何ですか?
幼稚園では何が一番楽しいですか?
幼稚園に行きたくない時はありますか?また、それはどんな時ですか?
今日はどのようにして来ましたか?何で来ましたか?
好きな昔話は何ですか?
どうしてこの学校に来たいのですか?
お友達とケンカしたらどうしますか?

面接官から保護者に対しての質問例

保護者に対しても、様々な面接がありますが、一番聞かれる質問が、「どうして当校なのか?」という志望動機ですね。

どれだけ、学校のことが好きで、支持してくれるのか具体的にお答えできる方が喜ばれますね。

面接官から保護者に対しての質問例
家庭での教育方針をお聞かせください。
今ここでお子さんを褒めてあげてください。
おやつはいつも何をあげていらっしゃいますか?
お子さんがケンカをして帰ってきたらどう対処されますか?
ご家庭の自慢は何ですか?
お子さんはどんな遊びが好きですか?(父親に向けて)
お子さんの教育についてどんなこだわりをお持ちですか?(父親に向けて)

面接時に保護者が気をつけること

面接官は、どれだけ学校の理念にあった保護者なのか見極めるようにしています。以下は、具体的な見ているポイントなので、ご参考にしてください。

見極めたい事柄 見ているポイント
夫婦間で協力体制があるか 子育てや教育について夫婦で協力して取り組んでいるか
奥さんに任せっきりになってないか
モンスターペアレントにならないか 教育理念が合っているか
学校への過度な不満を持っていないか
ご両親のセンス 先生が嫌うネクタイやスーツの色・柄のセンスなど、学校イメージに沿っているか、またその方に合っているか

他にも、様々な気をつけるポイントもありますが、また今回あげた内容が確実に聞かれる・見られるポイントというわけではありません。

学校によって特色があるように、学校によって見るポイントは異なるため、小学校受験で塾を検討されている方は、ぜひ信頼できる塾講師に傾向をご相談してみるのもいかがでしょうか。

首都圏で評判の小学校受験塾ご紹介

理英会

首都圏主要小学校の入試問題をすべて網羅した実践さながらの指導で一人ひとりの受験をサポート。

伸芽会

独自ルートにより収集した小学校別の受験情報をもとに志望校別のきめ細かい対策で合格をフォロー。

こぐま会

具体物を使った授業による事物教育や、考えを言語化させるための対話教育を実践。

ページのトップへ