小学校受験のための塾に通うメリットについて調べまとめました

小学校受験のための塾に通うメリットは?何をするの?

塾のメリットとは?

塾に通わせる最大のメリットは、小学校受験のテクニックを学べるところです。

小学校受験は子どもだけでなく保護者へのレクチャーが重要です。受け答えや服装、志望校によって違う独特の礼儀作法などについても、細かくアドバイスしてくれます。小学校受験を熟知している塾でしか得られない情報もありますので、家庭だけでは対策が不十分になってしまいます。

塾のメリットとは?

また、子どもが「学ぶこと」や「新しいモノ・コト」に対する興味を抱くかどうかは、生活する環境に大きく左右されます。新しいことを知る機会を体験させてあげることが重要です。両親が共働きの場合など、子どもを多くの場所に連れてってあげたり、バリエーションを多く経験させてあげるのは難しいですが、塾では家庭での体験を補うカリキュラムが組まれています。

小学校受験で見られる6つのポイントとは?

小学校受験をする際、以下の6つのポイントを見られます。これら全ての項目を家庭でカバーすることは難しいので、家庭でできること、塾だけでしかできないことに分けて説明していきます。

  1. 面接の受け答え
  2. 日常生活でのしつけ(言葉使い・挨拶)
  3. 指示行動
  4. 集団行動
  5. 基礎学習知識
  6. 運動

家庭でもできること

小学校受験で見られる6つのポイントのうち、2.日常生活でのしつけ、3.指示行動、5.基礎学習知識の3つは家庭でもトレーニングしやすい項目です。

お手伝い

日常的にお子さんに家の中のお手伝いをしてもらうことは重要です。

はじめは「お願いされたことを最後までやりきる」→「褒める」をはじめの目標にすれば、お手伝いをするハードルも下がりますし、褒められるのが嬉しくて自発的に動いてくれるはず。

このフローを繰り返すうちに自分から「やってみたい」と自発的な発言が出たら嬉しいですね。子ども自らが「やってみたい」と言ったことは難しいだろうと決めつけず、どんなことでも教えてやらせてみることが効果的です。刃物や火を使ったり、子ども1人ではまだ危険なことは、必ず「なぜ危険なのか」、「1人の時にやっていけない理由」を教えて理解させることが大切です。

自分のことは自分でやるらせる

「自分が遊んだおもちゃの片付け」「出かけるときの準備」など、基本的に自分でできることは自分でやってもらいましょう。なぜ、それが必要なのかを理解する訓練になりますし、「しなくちゃならないこと」、「しては駄目なこと」と覚えることで、直接的にしつけにつながります。

一緒に出かける

動物園や水族館、近くの公園でも構いません。自然に触れたり初めて見る場所は大きな刺激となりますし、知らないことを学ぼうとする意欲や好奇心が育まれます。

また、出かける際に公共交通機関の乗り方やルールを子供に教えてあげることも重要です。小学校受験に合格したらバス・電車通学になる可能性もあるので、時々試験内容に含まれていることもあります。

塾でしかできないこと

もちろん、日頃の家庭での関与も重要ですが。家庭学習だけでは限界があります。塾で学ぶべきことは大きく分けて、「小学校受験のテクニック」の部分、「集団生活の中での経験」、「運動の種類」です。

塾でしかできないこと

小学校受験のテクニック
志望校別の礼儀作法
子供の面接
保護者の面接
集団面接
集団生活の中での経験
集団生活の中で我慢する経験
集団生活の中で主体性を発揮する
運動の種類
家庭では難しい器具を使った運動

小学校受験のテクニックに関しては、ご家庭では無理なので必ず塾からの指導・サポートが必要です。また、塾に通うことによって他のお子さんと一緒に遊ぶ・考える・学ぶ習慣が身につき、楽しく学ぶことができます。お友達と共同作業をする機会が増えるので、早いうちからコミュニケーション能力を活性化することができます。

首都圏で評判の小学校受験塾ご紹介

理英会

首都圏主要小学校の入試問題をすべて網羅した実践さながらの指導で一人ひとりの受験をサポート。

伸芽会

独自ルートにより収集した小学校別の受験情報をもとに志望校別のきめ細かい対策で合格をフォロー。

こぐま会

具体物を使った授業による事物教育や、考えを言語化させるための対話教育を実践。

ページのトップへ