小学校受験のために塾に通い始めるタイミングや期間について調べまとめました

小学校受験の面接対策に必要な質問やポイントをご紹介

小学校受験をお考えの方で塾(お教室)に通わせたいと思っている方もいらっしゃると思います。そんな小学校受験のための塾のタイミングはいつからがいいのでしょうか?今回は塾通いのタイミングをご紹介します。

小学校の受験シーズンはいつごろ?

小学校受験は、地域によっては、9月から始まるところもあります。

また東京は11月の初めに私立、後半から12月中旬にかけて国立の考査となるため、この時期からお受験ルックの方が増えてきます!

時期はあくまでも目安なので、具体的な時期についてはご志望の小学校へお問い合わせください。

小学校の受験シーズンはいつごろ?

小学校は、中学・高校の受験とは異なり、学力だけを問うものではありません。その子の感性(絵画や制作)や行動などいわば総合力を見られます。だからこそ、早い段階から受験準備のスタートをおすすめします!

塾にはいつごろから通わせるべき?

前述でもお伝えしたように、小学校受験はその子の総合力を見られます。では、普段の我が子を見せればいいのでは?と思われると思いますが、対策をとらないまま受験を行うのはリスクが高くなってしまいます。

一般的に小学校受験は、

ペーパーテスト
図形の描写や語彙力・数の計算など
絵画工作
想像力や感性などをみる
行動観察
課題に対してその子の動きで家庭教育や生活をみる
運動
両足とびや平均台・ケンパーなど

などその子の特性、家庭で育まれる感性を見るケースが多いです。しかし、いくら普段から素晴らしい感性をもっている子でも、いざ緊迫した環境下の中で「あなたの感性や家庭の様子を見せて」と言われても中々披露できないものです。それだけ、小学校受験は特殊なのです。だからこそ、小学校受験に塾(幼児教室)は必要不可欠とも言えます!

では、早い時期で9月、東京では11月・12月スタートの受験に対していつから塾に通えばよいでしょうか。一般的に幼児教育は、0歳児クラスからあるところが多いですが、いざ受験の準備を始めるのであれば、年少クラスからスタートするのがおすすめです。ただ、学習する内容によって、スタート時期は検討された方がいいかもしれません。

年少の時期だと、まだ言葉の理解も出来ていないので、早い段階からペーパーテスト対策をしたとしても効果は少ないと思います。その変わり、早い段階から絵画工作や運動などスタートすることによって、新たな感性の発見にもつながるかもしれません。

各項目に対して、おすすめの学習時期は以下の通りです。

ペーパーテスト
年中~
絵画工作
年少~
行動観察
年中~
運動
年少~

それぞれの学習時期は、お子様によって異なるので、早い段階から塾とご相談しながら、きめていきのもいいかもしれませんね。

首都圏で評判の小学校受験塾ご紹介

理英会

首都圏主要小学校の入試問題をすべて網羅した実践さながらの指導で一人ひとりの受験をサポート。

伸芽会

独自ルートにより収集した小学校別の受験情報をもとに志望校別のきめ細かい対策で合格をフォロー。

こぐま会

具体物を使った授業による事物教育や、考えを言語化させるための対話教育を実践。

ページのトップへ